アールワン日誌 Blog

《2016年3月末まで》貴社の就業規則を、社会保険労務士が無料でリスク診断いたします。

《2016年3月末まで》貴社の就業規則を、社会保険労務士が無料でリスク診断いたします。

あなたの会社の就業規則は、単に労働基準法に沿って作成されていませんか?
それでは、いざというときに会社を重大なリスクから護ることができません。

従業員の人数が増えてくるほど、その価値観もさまざまとなってきます。そのうえ、近年において会社が直面しているのは、個々の「従業員としての権利意識」の強まりではないでしょうか?

そのような環境で、会社が重大な労務リスクを回避していく手段として、職場のルールブックといえる「就業規則」の重要性はますます大きくなっています。

近年で多発している労働問題も、実は会社の就業規則の不完全さがその発端になっているケースがほとんどなのです。

 

たとえば就業規則の内容によっては、こんなリスクが生まれます。

 

◆ 規則に定めがないために、従業員を解雇できない。

◆ 正社員でない人にも、賞与や退職金を支払わなくてはならない。

◆ 入社まもない社員に、長期の病気休職を与えなければならない。

◆ 「遅刻・欠勤が多い」「指示命令に従わない」「服務態度が悪い」という社員でも、懲戒処分ができない。

◆ 会社が第三者から、使用者責任に基づく損害賠償請求を受けてしまう。

 

こういったことは、ほんの一例です。

しかし、逆にいえば、自社の現状や経営者の考えに沿った「正しい」就業規則が常にアップデートされていれば、上にあげたようなリスクのほとんどをカバーすることができます。

あなたの会社の現在の就業規則がそのような考えで作成されたものでないのであれば、重大なリスクに直面する前に一度見直してみてはいかがでしょうか。

その際に、「いまの就業規則が、リスク対策にどれくらい機能するかがわからない」という会社の方には、私たち社会保険労務士のプロの診断をお奨めします。

 

 

scoreboard flat icon with long shadow,eps10

 就業規則リスク診断サービス  5万円 (税抜)

人事労務のプロである社会保険労務士が、あなたの会社の就業規則を全文チェックし
労務リスクに照らした「問題点・改善点」をレポートいたします。

《ホームページをご覧頂いた会社様、毎月先着3社 限定

→  通常5万円を『無料』にてご提供いたします。

「簡易」診断ではなく、通常の有償診断と同じサービスを提供いたします。
※当キャンペーンは、2016年3月末までのご案内となっています。
※診断後に、会社様のご希望があれば、就業規則改定のご提案とお見積をご案内します。
※一都三県に事業所がある会社様のみのご提供となりますので予めご了承ください。

 

 

「就業規則リスク診断サービス」の内容と流れ

《貴社訪問によるヒアリング》

ヒアリングシートを用いながら、貴社の現状やご懸念されている点などをお伺いいたします。

《就業規則の診断》

貴社の就業規則をお預かりし、独自のチェックシートに沿ったリスク検査をします。

また、それに加えて、ヒアリングで伺った貴社の現状に即しているかどうかも併せて診断いたします。

《診断結果の納品》

再度貴社をご訪問し、診断結果をご説明いたします。

※ヒアリングから納品までは2週間程度いただいております。

== キャンペーン中はここまでが無料でのご提供となります ==

 

*労務リスク上の「問題点・改善点」があった場合のみ*

会社様のご希望があれば、弊社による「就業規則改定」のご提案・お見積をご案内させていただきます。

>「就業規則改定」の場合の費用目安は?

 

 

診断サービスのお申込・お問い合わせは

当ページ下部の電話番号、もしくは「WEBからのお問い合わせ」よりご連絡くださいませ。

 
 
 
 

社会保険労務士事務所 オフィスアールワンのイメージ

執筆者

社会保険労務士事務所 オフィスアールワン
東京都千代田区の「社会保険労務士事務所オフィスアールワン」は、 東京都内を中心とした130社以上の法人企業様に、人事労務のコンサルティングサービスを提供しています。

企業のご担当者さまへ

もしかして、この記事のテーマについてお悩みでは?
「社労士への相談」が、解決の近道かもしれません。

東京都・千代田区の社会保険労務士事務所オフィスアールワン

お急ぎであればお電話で相談予約を承ります

03-5215-1361

平日 9:00~18:00(土日祝を除く)

WEBからのお問い合せはこちら

人事労務まわりのご心配ごとがあれば、トラブルとなる前にぜひ一度ご相談ください。