アールワン日誌 Blog

実はM&Aのリスクを大きく左右する、労務デューデリジェンスとは。

実はM&Aのリスクを大きく左右する、労務デューデリジェンスとは。

こんにちは。千代田区の社会保険労務士事務所オフィスアールワンの濵中(はまなか)です。最近、三人目のこどもが産まれまして「仕事にプライベートに、さらに頑張らなければ!」と気合が入りまくっています。

今回は「労務デューデリジェンス」についてのお話です。

この「デューデリジェンス」という言葉はご存知ですか?これは、簡単に言えばその会社の「価値の評価査定」をすることです。普段は馴染みがないものですが、これが絶対に必要とされる場面があります。それは、M&A(企業の合併・買収)が行われるときです。

 

企業の「身辺調査」がデューデリジェンス

M&Aは、よく結婚に例えられます。人が結婚をする際には「身辺調査」を行うことがありますよね。借金はないか・・・他に恋人はいないか・・・本当にこの人と結婚してよいのだろうか・・・などなど。そして、会社どうしが結婚をする際に、その身辺調査にあたるのがデューデリジェンスです。

身辺調査と同様に、デューデリジェンスも「提出された決算書が正しいか」「そこに記載されていない負債はないか」「不正な経理処理がないか」など、外部の専門家の目で会社を適正に評価していきます。そこで問題が発見されなければ、晴れてM&Aの成立となるわけです。

 

労務面にも、さまざまなリスクが隠れています

pixta_18106776_S

以前はデューデリジェンスと言えば、主にその会社の「財務」を中心として行われてきました。しかし、ここ最近では、労務面でのデューデリジェンスを希望する会社が増えています。

例えば、買収しようとしている会社に、(故意であるかないかにかかわらず)従業員に対する「未払い残業代」があったとします。そのことを知らぬまま、M&Aが完了するとどうなるでしょうか?その未払い残業代を支払う義務は、買収した会社側に移ってしまいます。

この他にも「社会保険料の滞納」「退職金の積立不足」「安全配慮義務違反による損害賠償請求」など、実は労務周りにおいても重大なリスクが隠れていることが多々あります。そして、それは従来の財務中心のデューデリジェンスでは発見することが難しいのです。

 

労務デューデリジェンスは、社会保険労務士の領域です

それでは、労務デューデリジェンスはどこに依頼すればよいのでしょうか?

現在はさまざまな士業の方が、「財務」や「法務」のデューデリジェンスの延長で実施する場合もあるようです。しかし、たとえば給与だけを例にとっても「割増賃金の対象となる賃金、ならない賃金」「給与計算時における賃金や、労働時間の端数処理」の正確な把握など、特別な専門知識が求めれます。

そのため、日々、就業規則の作成や給与計算業務をおこない、各企業における人事労務リスクの事例にも精通している社会保険労務士への依頼がもっとも安心できる選択といえます。

M&Aは会社にとって非常に大きな決断であり、絶対に失敗はできません。各分野の専門家の知識と経験を活用しながら、ぜひ無事にゴールまで進めてください。

 

※私たちの事務所でも、これまで多くのお客様とかかわってきた長年の経験、そして労働基準監督署の調査対応に数多く立ち会った実績をもとに、労務デューデリジェンスサービスを提供しています。ご検討の会社様は、ぜひお問い合わせください。

 

社会保険労務士事務所オフィスアールワン 濱中 伸介(はまなかしんすけ)のイメージ

執筆者

社会保険労務士事務所オフィスアールワン 濱中 伸介(はまなかしんすけ)
入社9年目。三人の子供と、読売ジャイアンツをこよなく愛する38歳です。 新規契約のお客様の案件を担当することが多く、就業規則や人事評価制度の構築など、幅広く対応しています。最近では外部からセミナー講師のご依頼を頂くケースも増えてきました。 現在、フルマラソン参加を目標にトレーニング中です。

企業のご担当者さまへ

もしかして、この記事のテーマについてお悩みでは?
「社労士への相談」が、解決の近道かもしれません。

東京都・千代田区の社会保険労務士事務所オフィスアールワン

お急ぎであればお電話でどうぞ

03-5215-1361

平日 9:00~18:00(土日祝を除く)

WEBからのお問い合せはこちら

人事労務まわりのご心配ごとがあれば、トラブルとなる前にぜひ一度ご相談ください。