アールワン日誌 Blog

平成27年度版スタート!総額1020億円の「ものづくり・商業・サービス革新補助金」をお見逃しなく。

平成27年度版スタート!総額1020億円の「ものづくり・商業・サービス革新補助金」をお見逃しなく。 - 社会保険労務士事務所オフィスアールワン | 東京都千代田区

こんにちは。社会保険労務士事務所オフィスアールワンの笹沼(ささぬま)です。最近、テニス熱が再燃しているのですが、「なぜテニスを?」と問われて「はい、ビールを美味しく飲むためです!」と答えてしまう自分に嘆いています・・・。

経済産業省から平成27年度の予算案が発表となりました。その中でも特に注目していきたいのが、1,020億円もの予算が組まれた「ものづくり・商業・サービス革新補助金」です。

この補助金のポイントは

*補助対象となる企業活動の領域が幅広い

*実際の費用に対する補助金の割合が高い

*(現時点では)採択率がさほど低くない

となっており、企業にとっては魅力的な補助金といえます。今年度の募集締め切りは「2015年5月8日」ですので、ぜひ活用を検討してみてください。

 ※この記事は2015年2月13日現在の情報となっています。

 

1.ものづくり・商業・サービス革新補助金とは

「新しい商品・サービスの開発」あるいは「業務プロセスの改善や新しい販売方法の導入」など、事業革新に取り組む活動について、その費用の「2/3」が補助されます。(つまり、費用が1,500万円の場合、補助金は1,000万円となります)

なお、補助額には上限額があり、通常は「1,000万円」までとなっています。ただし、設備投資をせずにサービス開発をした場合は上限が「700万円」までとなります。また、「複数社の共同」で申請することも可能です。

 

「どのような活動が対象となるのか?」については、下記が過去に採択された事例の一部となります。

①離れて暮らす高齢者と家族をつなぐクラウドシステムの構築
②海外飲食店の口コミ情報アプリの開発・運用
③水洗いとドライクリーニングの長所を併せたドラム式洗濯機を開発し、クリーニングが困難な高級衣料のケアサービスを提供
④インクジェットプリンター用、ヘッドユニット開発
⑤ロシアへの和食文化の普及を目的とした日本酒等の発酵食品の拡販

これらはごく一部ですが、幅広い活動領域が採択の対象となっていることが見てとれるかと思います。

 

また「採択される難易度はどれくらい?」というのも重要な点ですが、平成25年と平成26年の採択率は以下の通りとなっております。

795316b92fc766b0181f6fef074f03fa-1024x143 - 社会保険労務士事務所オフィスアールワン | 東京都千代田区

採択率が現実的な数字であることが魅力であると言えます。(申請件数の多さからも、注目度の高い補助金であることがわかりますね)

※ちなみに、過去に当事務所から申請した案件につきましては、100%採択されております。

 

2.採択されるポイントとは

pixta_7841290_S - 社会保険労務士事務所オフィスアールワン | 東京都千代田区

現実的な採択率とはいえ、40%前後(次回はさらに下がることが予想されます)ということで、採択されるためには申請時にポイントをおさえる必要があります。

この補助金は原則、「申請した書類のみ」で審査されるという特徴があります。そのため、申請時には以下の3つの点をアピールした内容にすることが重要です。

 

①新規性・独自性が高いか

同業他社にない、自社のオリジナル性をアピールしてください。

②生産性・利益率は高いか

実際に利益を生む計画になっているか、具体的なスケジュール等を明確にすることが重要です。

③実現可能な計画となっているか

絵に描いた餅にならないよう、実現するための課題解決方法が明確になっていることが重要です。また、計画を実施するための資金調達の確実性もポイントの一つです。

 

また、補助金はこれから実施するための事業に対して補助されますので、すでに実施されている事業は補助金の「対象外」となりますので、ご注意ください。

 

今年の募集時期については、先にお伝えしたとおり「2015年5月8日」となっております。また、「6月中」には全ての採択を決定する予定と発表されています。

経営計画の中で、新製品の開発及び新サービス導入を検討されている場合は、当補助金が該当する可能性があります。特に技術やアイデアに自信がある中小企業にとっては、大きなチャンスだといえます。

 

「ものづくり・商業・サービス革新補助金」について、「補助金に該当するか分からない」「申請書の記載やアピールの方法が分からない」といった場合にはぜひ当事務所までご相談ください。

社会保険労務士事務所 オフィスアールワン
担当:笹沼(ささぬま)

  • h_imgtext - 社会保険労務士事務所オフィスアールワン | 東京都千代田区
  • h_link_out - 社会保険労務士事務所オフィスアールワン | 東京都千代田区
  • isms_mark - 社会保険労務士事務所オフィスアールワン | 東京都千代田区

 

笹沼 瞬(ささぬましゅん)のイメージ

執筆者

社会保険労務士事務所オフィスアールワン 笹沼 瞬(ささぬましゅん)
生命保険会社の営業職から転じて、入社6年目を迎えます。担当クライアントの多くが社員100名以上の規模の会社様ということもあり、法改正の情報は特に早めにキャッチアップすることを心がけています。得意な分野の助成金・補助金申請はずいぶんと経験値が増えてきました。 和柄のTシャツと豆腐に目がなく、自宅の冷蔵庫には常に豆腐が入ってます。

企業のご担当者さまへ

もしかして、この記事のテーマについてお悩みでは?
「社労士への相談」が、解決の近道かもしれません。

東京都・千代田区の社会保険労務士事務所オフィスアールワン

お急ぎであればお電話で相談予約を承ります

03-5215-1361

平日 9:00~18:00(土日祝を除く)

WEBからのお問い合せはこちら

人事労務まわりのご心配ごとがあれば、トラブルとなる前にぜひ一度ご相談ください。