アールワン日誌 Blog

怒り爆発!?厚生年金基金の解散説明会でのワンシーン。

怒り爆発!?厚生年金基金の解散説明会でのワンシーン。 - 社会保険労務士事務所オフィスアールワン | 東京都千代田区

こんにちは。社会保険労務士事務所オフィスアールワンの濵中(はまなか)です。最近、なぜか畑作業に興味がわいていまして、夏休みには実家でとうもろこしやスイカの収穫を手伝ってこようと計画しています。

2012年のAIJ問題の発覚により厚生年金基金を取り巻く状況はとても厳しくなっています。私が担当している会社様が加入している基金もいよいよ解散をすることとなり、その説明会に会社様の社長とつい最近参加してきました。

今回お伝えするのは、その解散説明会の印象的なエピソードです。

 

説明会の空気が一変したひと言

説明会は冒頭から、基金の存続基準や現在の財政状況など、存続していくことが困難(「解散」しか選択肢がないこと)であることが、基金の担当者から淡々と説明されていきます。

それを聞いている参加者の皆さんも半ばあきらめのような表情。それだけで、説明会の予定時間である1時間が終了しようとしていました。

しかし、その空気が最後の質疑応答の時間に一変しました。

ある女性社長が

「あなたたちの説明は専門用語ばかりで私にはちっともわからない!従業員に対してどう説明すればいいんですか!」

と声をあげたのです。

 

基金の担当者の本音が・・・

pixta_14416390_S - 社会保険労務士事務所オフィスアールワン | 東京都千代田区

その発言をかわきりに、参加者からは質問の嵐がはじまりました。それに対して、基金の担当者も懸命に言葉を選んで回答をしていきます。

そして、その時間がさらに1時間ほど続いたでしょうか。ある瞬間に、回答していた基金の担当者の言葉がつまりました。

「・・・」

うつむいて震えているようにも見えました。

やがて、しばらく時間があいて出てきた言葉は

「私も続けていけるのならば続けていきたいです、でも国の方針で続けることができないんです!」

さらに

「私はこの基金が設立されたときに、一般で採用されて20年間勤めてきました。天下りではありません!」

と・・・。

 

いつもしわ寄せは現場に

確かにこの発言は説明会の担当者としては不適切だったかもしれません。

でも、それを聞いた私は気持ちが動きました。

そもそも基金は国からの天下り先として多くの役人を受け入れてきました。それが、AIJ問題をきっかけに世論が批判的になった途端、国はどう考えても存続できないような基準を設けて基金が解散せざるをえない状況にしたのです。(もともと少子高齢化が加速的に進む現状で存続することは難しかったといえますが)

年金情報流出の時もそうでしたが、国が決定したことに対して責任を取るのは、いつも現場なのだと感じます。

私は、あの時の基金の担当者が見せたなんともくやしそうな顔を今も忘れることができません。

 

濵中 伸介(はまなかしんすけ)のイメージ

執筆者

社会保険労務士事務所オフィスアールワン 濵中 伸介(はまなかしんすけ)
入社9年目。三人の子供と、読売ジャイアンツと西武ライオンズをこよなく愛する39歳です。 新規契約のお客様の案件を担当することが多く、就業規則や人事評価制度の構築など、幅広く対応しています。最近では外部からセミナー講師のご依頼を頂くケースも増えてきました。 現在、フルマラソン参加を目標にトレーニング中です。

企業のご担当者さまへ

もしかして、この記事のテーマについてお悩みでは?
「社労士への相談」が、解決の近道かもしれません。

東京都・千代田区の社会保険労務士事務所オフィスアールワン

お急ぎであればお電話で相談予約を承ります

03-5215-1361

平日 9:00~18:00(土日祝を除く)

WEBからのお問い合せはこちら

人事労務まわりのご心配ごとがあれば、トラブルとなる前にぜひ一度ご相談ください。